スポチュニティの理念

ビジョン:最終的に我々が変えたい世界

始める前から、スタートラインに立てない
チャレンジできないという社会を変えたい

日本のスポーツ界は、“体育”の延長線上で考えられているため、未だに「儲けてはいかん」という慣習が根強く残っております。

このため、将来有望な若者がスポーツで食べていくには、大変リスクが高いため、途中で断念してしまう若者も沢山居ます。

また、本格的に競技に打ち込むためには遠征費や強化費など、多くのお金がかかるのが現状ですが、こうしたサポートを受けられるのは、有名な競技のトップアスリートだけです。

では、地方に根付いたクラブチームやアスリート、草野球のようなアマチーム、少年サッカーのような街のアカデミーチーム、大学や高校の運動部などは、どうすれば良いのでしょうか?

我々は、こうしたスポーツ界の構造を少しでも変え、ひいてはスポーツ界だけでなく日本国内の歪んだ構造、格差を少しでも変えたいと強く思っています。

『頑張っているヒト・真面目に生きているヒトが報われる社会』

『生まれた境遇は関係なく平等な機会のある社会』

『困っているヒトを手軽に助け合える社会』

そのような社会に一歩でも近づきたいと心から想いスポチュニティを運営しています。

 

ミッション:実現したいこと

Sports × Opportunity

~夢に向かってチャレンジする者へ、平等な機会と夢を育む環境づくりを目指す~


遠征費の募金を募るJ3ブラウブリッツ秋田

サッカー女子W杯 なでしこ岩清水選手の地元 岩手県滝沢村

高知ファイティングドッグスの選手と地元の方々

 

ひたむきにスポーツに取り組む若者、それを応援するおじいちゃん・お婆ちゃん
それを支える地元の人達。みんな笑顔になる機会“Opportunity”を届けたい