利用者の“生の声” 〜ジェフユナイテッド市原・千葉様〜

日本代表としても数々の実績を残したオシム監督ですが、当初はジェフユナイテッド市原・千葉の監督として来日しました。若手を積極的に起用し「考えて走るサッカー」を浸透させ、低迷していたチームを短期間で優勝まで導いた「オシムの奇跡」は日本サッカーに大きなインパクトを与えました。オシム監督の言動は日本人に勇気と自信を与え世界へ挑戦する日本サッカーの未来を繋いでくれました。そんなオシム監督の功績と記憶を今後も紡いでいきたいという想いから彼が初の指揮官となったフクダ電子アリーナのある蘇我スポーツ公園にオシム監督モニュメント(立像)を設置することになり、その資金調達のプロジェクトを実施しました。結果は、目標の800万円を大きく上回る902万円を集め大成功に終わりました。

このたびジェフユナイテッド市原・千葉のプロジェクト実行者様にお話を伺いました。実際にスポチュニティのサービスをご利用いただいたお客様として、クラウドファンディングの目的や意義をどのように考えていらっしゃるのか、スポチュニティのサービスには満足いただけたか、熱く語っていただきました。

ⒸJEFUNITED

 

<スポチュニティを知ったきっかけ>

実行者様:もともと今回と同じオシム監督の銅像のクラファンプロジェクトを他のプラットフォームで実施したのですが、目標金額の半分もいきませんでした。そこで、残りを何とかしてくれるプラットフォームを探していました。
その時、佐藤勇人CUO(クラブユナイテッドオフィサー)がもともとスポチュニティを知っておりました。他のプラットフォームも調べましたが、スポチュニティが手厚いサポートもさることながら、我々の想いに最も共感してくれ、熱意を感じ、このメンバーであれば目標金額を達成できると思いました。最終的にはヒトの想いを重視して選びました。

<全体を通じて良かった点/改善して欲しい点>

実行者様:まずは何と言ってもおしりをたたいてもらった(進捗管理をしてもらった)ことです。キリバンの画像作成等、手間のかかる作業を予測して事前に作成いただき、計画立通りに進めることができました。通常業務がある中でどうしても劣後してしまう作業があり、サポートなしでは進められなかったと思っています。

スポチュニティ:ありがとうございます。改善して欲しい点はありますか?

実行者様:強いて言えば、ミーティングをもう少し簡潔に進めて欲しかったです。レポートの中身などは見れば分かるので、議論しなければいけない事を優先させるなどアジェンダを絞っていただけるともっとよかったです。加えて特に当初は、時間通りに終わらないことがありました。

実行者様:リターン設計においてもう少し提案いただけたらよかったです。また、資金調達のニーズ(一般的なクラブ存続の危機のようなプロジェクトと今回のような銅像を創るためのプロジェクトでは質が違う)によって集め方のパターンが違うと思うので、そのパターンに応じた進め方のノウハウを教えていただけたらもっとよかったです。

スポチュニティ:ありがとうございます。ご指摘を踏まえて改善していきます。

<スポチュニティを利用した感想>

実行者様:システムがリニューアルされて使いやすくなりました。アピール文作成においても、こちらは送付した写真をうまく活用いただき、満足度の高いプロジェクトページを作成いただきました。

スポチュニティ:ありがとうございます。コラムについてはいかがでしょうか?

実行者様:選手の生の声を出せたことはリアリティーがあってよかったです。現役ではなくOBの選手に取材したことも、(現役選手では忖度があって話せないことを話してもらえたことが)ポイントだったと思っています。

スポチュニティ:ありがとうございます。インフルエンサーの活用についてはいかがでしたか?

実行者様:そもそもインフルエンサーの定義が分からない中、フォロワーの数を調査いただき、誰をリストアップすべきか?なども設計いただいてアドバイスしてもらえた点は満足しています。我々主導ではここまでできなかったと思います。

スポチュニティ:インフルエンサーに発信してもらった後に明確に支援が増えた等、効果が目に見えた点はよかったと思います。

<結果について>

実行者様:プロジェクトの特性上、目標金額が必達であり、背水の陣で臨んだので、達成できてほっとしています。

<今後について>

実行者様:今後は支援いただいた方にお礼をするとともに、しっかりリターン品をお届けしたいです。

スポチュニティ:今後のクラウドファンディング活用のイメージはありますか?
実行者様:今回のように、目標達成のコミットメントが強いとプレッシャーになるので、あくまでアップサイドで活用したいです。例えば、アカデミーの活動などでの活用もあるのではと思います。

スポチュニティ:ありがとうございました。オンラインでのやり取りでしたが、チーム全体の一体感を感じられ、弊社としても楽しく充実したプロジェクトでした。今後の益々のご活躍を祈念しております。