松山 直輝

ヒトとなり

名前

松山 直輝 ( Matsuyama Naoki

 

座右の銘

「人は、いつか必ず死が訪れるということを思い知らなければ、生きているということを実感することもできない(マルティン・ハイデガー)」

 

好きなスポーツ、”ゆかり”のあるスポーツ

陸上競技、バスケットボール、「走る」「跳ぶ」「投げる」全てのスポーツ

 

”ゆかり”のある場所

東京都、英国、広島県、愛知県、

 

自己紹介

東京家政学院大学現代生活学部児童学科にて、障害のある子を対象とした特別支援教育を指導する助教を務めています。 私の人生の中心にはスポーツがあり、これまでは陸上競技走高跳びを選手として実践すると共に、スポーツ科学の研究、プロバスケットボールチームでのスポーツビジネス&フィジカル(スプリント・ジャンプ)コーチング、知的障害や身体障害を持つパラアスリートのコーチング、NPOにおいて病気の子ども達の遠隔スポーツ観戦事業等、幅広くスポーツに関わって来ました。

また、スポチュニティ株式会社様では陸上競技砲丸投げ・知的障害を持つパラアスリートである住田英樹選手を応援するクラウドファンディングを実践させていただきました

https://www.spportunity.com/hiroshima/team/668/invest/548/detail/

競技実績:全国高校ランキング走高跳6位(高等学校3年生当時)
中国実業団陸上競技選手権 走高跳 優勝
・研究実績:国内外のジャーナル掲載や国際学会での発表経験等
 https://researchmap.jp/Kieferberg
・パラアスリートの指導:陸上競技砲丸投げ 住田英樹選手専属コーチ

 

スポーツへの思い入れは? または スポーツや社会がどう変わって欲しいと思いますか?

スポーツより得られた経験からは多くの事が得られると考えています。例えば、何かを志す目的意識や共にに戦った友人との交流です。これは健常者のアスリートや障害を持つパラアスリート隔てなく、平等に得られるスポーツの醍醐味だと思います。 思うに、日本人はあまり競争意識をむき出しにする事が得意ではありません。しかし、スポーツにおいてはその隠された気持ちをむき出しにする事ができます。そういった素の状態でぶつかれるからこそ、スポーツで戦った後は互いに認め合えるのではないでしょうか。 そういったスポーツの意味や価値を胸に、スポチュニティ・アンバサダーの魅力を伝えていく活動したいと思います。

 

SNSその他

facebookはこちら

twitterはこちら